シマちゃんのインフィニティFXブログ

インフィニティFXをこよなく愛し、日々研究し、世の中に広めてインフィニティユーザーを増やし、豊なインフィニティ-ライフを応援してゆく為のブログです。
<< 日産新型エクストレイル | main | インフィニティEXとKMGがホリデーオート誌に掲載 >>
新型スカイラインクーペ10月2日発売
(写真は北米仕様インフィニティG37)
スカイラインといえば日本を代表するGTカーと言っても良いほど誰もが憧れを持つスポーツカーだと思います。
そのスカイラインクーペが10月2日にフルモデルチェンジを受けデビューします。
新型クーペの型式は昨年11月に一足先にデビューした12代目スカイラインセダンと同じV36であり、基本的には同じプラットフォームを使い、内装や基本装備には大きな差は有りません。

しかし、そのボディーデザインとエンジンはセダンとは全く違うものとなっています。
特にエンジンはセダンの2.5L=VQ25HR/3.5L=VQ35HRに対し新開発の3.7L=VQ37HRを採用し、これまでの4.5L並みの333PS/7000rpmの性能を有しています。
また、先代のV35に比べ、ボディサイズが少し拡大されたのに合わせて広くなった室内空間は、木目やアルミのフィニッシャーを採用することによって、品質感も大きく向上しています。
メカニズムはセダン同様アダプティブシフトコントロールの付いた電子制御5速ATが採用され、セダンには無い6速マニュアルトランスミッションも設定されています。
サスペンションは前輪がダブルウィッシュボーン式、後輪がマルチリンク式で、スーパーHICASに前輪のアクティブステアを組み合わせた4輪アクティブステアを採用し、高い操縦安定性が実現されています。インテリジェントクルーズコントロール、プリクラッシュシートベルト、VDC、インテリジェントブレーキアシストなど、最新の安全装備も用意され、万一の事故の際に歩行者の頭部を守る為のポップアップエンジンフードも新たに採用されました。
スカイラインクーペは日本に先駆け8月に北米でインフィニティG37としてデビューしており、その人気は絶大です。
現地の仕様は左ハンドルであることは勿論ですが、スカイラインには設定の無い「プラチニュウムグラファイト」というボディーカラーも設定され、クルーズコントロールの設定速度も日本仕様の40Km/h〜100Km/hまでに対し、その上限は140Km/hまでとなっています。
先日当社では早速インフィニティG37(日本名スカイラインクーペ)のオーダーを頂戴しました。
お店に入りましたらお知らせしますので是非一度ご覧下さいネ。

【2007.09.22 Saturday 12:55】 author : shachou | 新型車マル秘情報! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://infinitifx.jugem.jp/trackback/1411044
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP