シマちゃんのインフィニティFXブログ

インフィニティFXをこよなく愛し、日々研究し、世の中に広めてインフィニティユーザーを増やし、豊なインフィニティ-ライフを応援してゆく為のブログです。
<< INFINITI−FX50 ミッドナイトモカ納車! | main | FX50 ナビインストール >>
食欲の秋!世界のグルメ食べ歩き!?
暑い夏もアッと言う間に過ぎてしまい、まだ8月というのにもの寂しく感じる今日この頃です。(今日は寒いくらいでした・・・)
(8月28日に書きました。このペパログが皆さんのお手元に届く頃には、また残暑がぶり返しているかも知れません)

暦の上ではもうすっかり秋なのですから仕方ないのかも知れませんネ。
「秋」と言えばやはり「食欲の秋」ですね、そこで今回は今年私が海外で食べた世界の料理(大げさ)を少しだけご紹介させて頂きます。

【ドイツ・スイス編】
ドイツはやっぱりソーセージでした。色んな種類があり、口に合うもの合わないもの様々、でもビールと一緒に頂けば何でも来いという具合になってしまうから不思議です。
他にもハムやチーズの種類が豊富で美味しかったドイツの食でした。
次に行ったスイスで印象に残っているのは牛肉のフォンデュです。
ちっちゃく切ったビーフを細長いフォンデュのホーク?でコンソメスープのような煮汁にしゃぶしゃぶして、パンと一緒に食べた事を思い出します。
まさにスイスのしゃぶしゃぶといった感じで美味しかったのですが、ボリュームがもの足りなかったのは私だけでは無かったと思います・・・

【アメリカ・メキシコ編】
カリフォルニアにも色んな国の料理があり、カリフォルニアロールに代表されるアメリカンタイプの寿司もなかなかいけます。
また、サンディエゴはメキシコとの国境も近い為メキシカンのお店も多く、本場のメキシコ料理も楽しめます。
写真は日本流に言えば「チキンのナン巻きと炊き込みご飯」といった感じです。
それに必ずビーンズのペースト(写真の茶色のやつ)がつき、タコスとチリソースがついてきて、タコスはおかわり自由なのでついつい食べ過ぎてしまいます。(危)
ちなみに写真の緑色のこんもりした物体はアボガドのペーストです。
料理の正式名称はというと、メニューを見てもなんだか良く解らないので覚えていません。(すみません)




そしてアメリカで(最近は日本でも)最もオーソドックスな食べ物がご存知ハンバーガーですが、今回初めて食べたハンバーガー?が有ります。
「?マーク」を付けたのには訳があり、このハンバーガーはバンズを使っておらず、レタスでハンバーグを巻いており「レタスバーグ」とでも言いましょうか?
これはなかなかヘルシーと思い、食したところなかなかいけるではありませんか!普段日本ではハンバーガーを食べる事は殆んど無い事も有ってか美味しく頂きました。(何処にでもあるのかな?)

アメリカンレタスバーガー
(食べかけですみません。かじらないとただのレタスのかたまりなので・・・)

【大人気!鍵のかかった焼肉屋さん】
アメリカで一番贅沢な食事をしたのはロサンゼルスはガーデナにある日本人の方が経営する焼肉屋さんでした。
ここは市場を通さず、解体したての肉を店主が直接仕入れて来るそうで、日本では食した事の無い部位の肉や、和牛とはまた違った旨みがあります。
と、ここまで紹介して恐縮ですが実はこのお店は紹介者がいないと入れないお店で、あのマリナーズのイチロウ選手がロスに来ると必ず立ち寄ると言う知る人ぞ知る有名なお店なのです。
その他にもロス巡業の力士や著名なスポーツ選手は皆来るそうです。
しかし、それだけ有名なお店でも取材はお断りだそうで、ガイドブックには絶対出ていませんので探さないで下さいネ。
また、自力で探そうにも表に看板も出していないばかりか鍵を掛けて営業?しています。それでもいつも予約で一杯のすごい焼肉屋さんです。
行きたい方はご紹介しますので島崎までご連絡をお願いします。
運がよければ有名スポーツ選手や著名人に会えるかも知れませんよ。
でも、それよりもアメリカ牛肉の美味しさを味わってきてくださいネ。
確かに和牛も美味しいのですが、アメリカ牛も良い物が新鮮に頂ければこれはマイウーなのです。

【韓国編】
韓国料理は今や東京でも日常的に食べられる身近な物になってきました。
私も大好物です。
なかでも「スンドゥブチゲ=豆腐鍋」は一番好きな韓国料理の一つです。
唐辛子がビンビンに効いたコチジャンのスープで豆腐を石鍋で煮込んだ豆腐料理で健康食でもあります。(辛いので血圧の高い方はご注意を)
海鮮やカルビなど色んな食材ともマッチし、具材を変える事で色んな味が楽しめます。
ご家庭でも簡単に出来る料理ですので試してみてはいかがでしょうか?

そしてもう一つ、韓国料理と言えば「ビビンバ」です。
「ビビンバ」とは「まぜる」と言う意味だそうで、まぜて食べるものは何でもビビンバと名がつくわけです。
ビビンバといえば誰もが知っている「石焼ビビンバ」がメジャーですね。
個人的には辛〜いコチジャンを入れて焦げ目が付く位アツーい石鍋で頂きたい一品です。

スンドブチゲ
(どんぶりに入ったナムルや海苔にご飯とチゲを混ぜて食べるも良し、ご自由に)

【韓国での食事の作法】
日本と韓国の食事の作法には驚くほど違いが有るのをご存知ですか?
韓国では食器を持って食べるのはNG、また、ビール等をお酌する際などには注ぎ足しはせず、グラスを空けてから注ぐのがマナーだそうです。
また、目上の方に注いで頂く場合などには両手をグラスに添えるか、グラスを持った手の手首にもう片方の手を添えるなどの作法が求められます。
グラスを両手で持つ(左手をそれる)などは日本でも求められるマナーですが、韓国では上下の規律が厳しくはっきりしている分、一般にマナーもしっかりしているそうです。
日本でも規律やマナー、目上の人を敬い敬語を使うなど、「親しき仲にも礼儀あり」を大切にしたいものです。
大方「マナーは食事から」と言ったところでしょうか・・・

【デザート編】
ピンクベリーフローズンヨーグルト
今、アメリカでも注目の健康食、その中でもビフィズス菌が入って健康に良いと評判のヨーグルトが人気です。
そこに目を付けた人がアイスクリームにヒントを得たのか?フローズンヨーグルトにフルーツなどの様々な味付けとトッピングを用意し、セルフサービス+量り売りの販売方法で大人気を博しているのが「ピンクベリーヨーグルト」です。
私も実際に行ってみましたがお店の外まで行列が絶えず、人種を問わず子供から年配の方まで幅広い年齢層の方々で大盛況でした。

実際に列に並んで買ってみることに・・・
,泙坤ップを選びます。L大とS(写真はSのカップ)
▲坤薀辰畔造鵑10種類近いヨーグルトを時スペンサーを操作(レバーを引くだけ)して自分の好きなだけカップに入れます。(これが楽しい)
その上にフルーツを中心とする豊富なトッピング中から好みの物を好きなだけかけて出来上がり。
の未蠅望茲辰韻藤硲錚 Much!

      成品はこちらです ↓ 色んな味を少しずつ試してみました。

ピンクベリー2

ピンクベリー1 
楽しくて美味しくて健康的なデザートでした。

メタボに注意しなきゃ・・・・
【2008.08.28 Thursday 20:05】 author : シマちゃん | 社長のコラム | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP