シマちゃんのインフィニティFXブログ

インフィニティFXをこよなく愛し、日々研究し、世の中に広めてインフィニティユーザーを増やし、豊なインフィニティ-ライフを応援してゆく為のブログです。
<< NEW GT-Rのデビュー情報について再掲載 | main | 10月〜11月『人気のカーナビキャンペーン』実施中 >>
北米仕様のGT−Rに期待!
今日は北米仕様のGT−Rの話題です。
まだそれらしい情報は一切無いのですが、「日本仕様とはスペックが大きく違うのではないか?」との噂もあり、大いに期待しています。
日本ではお国柄から国産メーカーのスーパースポーツの販売には前向きでは有りません。
実際これまで国産車としてこんな高性能な車は販売された事が有りません。
だって日本の最高速度は100km/hが最高ですから、そんな高性能なスポーツカーは実質上必要無い訳です。
「狭い日本そんなに急いでどこへ行く」といったところでしょう。
本来2000ccかハイブリッドでも充分なわけですし・・・
その点ドイツはアウトバーンに速度無制限エリアがあるのは有名なお話です。うらやましいですね・・・
そのヨーロッパでも販売されるのでしょうが、まずは世界的にも大きな市場であり、日産も期待が大きい北米市場が日本に次ぐターゲットとなるとおもいます。
そして市場規模も販売台数の期待度も生産割り当ても北米の方が大きくなるのは必至です。
それでも先に日本で販売してくれる日産に感謝ですね。
しかしそれにも理由が有ります。「全ての事に理由はある、ワン!」
実は先に北米で販売するよりもまずは日本で市販(試販)して問題が出ないかどうか確認し、リスクを回避する意図もあるのだと思います。
GT−Rはこれまで日本以外で販売した実績も無く、まして新型GT−Rはこれまでにない最新のメカニズムを満載したスーパースポーツな訳ですから、実際にユーザーさんに使って頂かない限り実用上の問題が出ないかどうかの検証が出来ないのです。
まして訴訟国家である北米で何か大きな問題が出たのでは大変な事になってしまいます。
ですからメーカーさんにとっては日本の市販は試販なのだと思います。
これもシマちゃんの勝手な想像ですから独り言くらいに聞き流してくださいね。

話がそれましたがそんなこんなで日本では国土交通省には認めてもらえない高性能・高出力も、逆輸入ならすんなりOKとなる訳です。
だって現実にフェラーリ・ランボールギーニ・ポルシェ・マセラッティー・ベンツに、ベントレーなどなどジャンルも様々に高性能・高出力車は実在しています。
そして日本もそれらの外国車メーカーの輸出(輸入)には文句は言いません。
GT−Rも海外市場では出力を無理に抑えたり180km/hでリミッターを作動させる必要は無いのです。
日産の技術の推移を結集して開発したGT−Rですから、きっとポルシェの480PSを超える性能を発揮するに違い有りません。
日本仕様のスペックはまだ発表されていませんが、日本では自主規制という名の国家圧力によりそのポテンシャルも埋没しかねません。
だからこそ北米仕様に期待するのです。
新型GT−Rが真に日本が世界に誇れるスーパースポーツである事を期待してやみません。

続く
【2007.09.30 Sunday 11:51】 author : シマちゃん | 新型車マル秘情報 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://infinitifx.jugem.jp/trackback/509757
トラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP