シマちゃんのインフィニティFXブログ

インフィニティFXをこよなく愛し、日々研究し、世の中に広めてインフィニティユーザーを増やし、豊なインフィニティ-ライフを応援してゆく為のブログです。
<< 北米GT-Rと中村氏 | main | インフィニティEX アラウンドビューモニター >>
次期MURANO IN LA AUTO SHOW 内装編
ムラーノファンの皆さん、内装の写真パップします。
意見交換をドシドシお寄せ下さい!

内装の質感は現行モデルより格段に良くなった。


オーバーヘッドコンソールはINFINITI−EXと共通!


ムラーノもGT−Rに負けず大人気!


基本的なレイアウトは現行モデルを踏襲したイメージのコックピットだが、質感は格段に高い。


後席のレッグスペースも充分、前後席ともゆったり座れます。


ラゲッジルームのフロアボードを上げると床下に収納が・・・これは気が効いている。そしてその下にスペアタイヤが入っています。


このレバーを引けば、リヤシートバックが倒れてラゲッジスペースが広がり、横のスイッチを押せば、電動でシートバックは元の位置に戻ります。


バックドア全開時はこんな感じ。バックドア端面右よりにある黒いスイッチはオートクロージャーのスイッチ。ドア全開時にこれを押せばオートで閉じてくれる。開ける時もアシストが働いているようでちょっと持ち上げれば後は手を離しても反動で上がってゆく感じでした。オープン時もパワーアシストかな?(ごめんなさい、そこはよく見てこなかった)



ツインムーンルーフは外から見ると大型クリスタルルーフと成っていた。


アルミンデザインは18インチと20インチの2種類ある。
これが20インチのデザインです。
【2007.11.17 Saturday 16:27】 author : シマちゃん | 新型車マル秘情報 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
コメント
社長、詳細なレポートありがとうございました。
やはり、機能的には細部に渡って手が加えられているようで、ユーティリティは高そうですね。

バックドアのオート機能は現行車に乗っている身として、非常に羨ましい機能です。
が、ハリアーにあってムラーノにない機能で欲しかったのがトノカバーの収納場所。
床下は現行車だとBOSEのサブウーファーが入っていますので無理ですが、これが欲しかった〜!

あと、シートを畳んだときにシートベルトが引っかかってワンアクションにならない点など改善されたのかな?
北米日産のサイトではリアシート部分がフラットにならず、かなり傾斜がきついのが気になりました。


そうそう、来週の金曜日に渋谷店へお邪魔しようと思っております^^

【2007/11/17 5:02 PM】 ブラ金 |
ブラ金さん
相変わらずレス早!
早過ぎ!写真のレイアウト間違えて直してアップしたらもうコメントが(汗)ご注目に感謝です(若干プレッシャー)
ムラーノ乗りさんだけにさすが良いところつきますね。
でもトノカバーが収納出来るかな?長さ的に無理かもしれません。
リヤシート倒立時の後席ベルトの巻き込み防止はオート機構を備えただけあって考えてはいるようですが、EXで試したところ上手くない状況も一部に有りました。基本的には後席ベルトは非乗車時も常時バックルにロックしておいた方が間違いなさそうです。
シート倒時のフラット感は現行よりは改善されているはずですが、やはりまっ平ら度は100%とは行きませんね。
ちなみにエンジン3.5Lオンリーで(出力は265hp/トルク248lb−ft)です。
【2007/11/17 5:24 PM】 シマちゃん |
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://infinitifx.jugem.jp/trackback/539325
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
【2011/12/11 2:32 PM】 - |
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP