シマちゃんのインフィニティFXブログ

インフィニティFXをこよなく愛し、日々研究し、世の中に広めてインフィニティユーザーを増やし、豊なインフィニティ-ライフを応援してゆく為のブログです。
LA Auto Show 2009 に行ってきます!
今年2009年も遂に最後の12月になってしまいました。
1年は本当に早いと感じます。
これも年をとったせいでしょうか?

気を取り直して・・・いよいよ明日12月2日から開催される『2009 LA Auto Show』のレポートに出かけてきます。

本当は初日に行きたかったのですが、2日は東京で日産ディーラーのオーナー会議があり3日の出発になってしまいました。
その為シマちゃんはプレスデイ2日目の12月3日から出かけるのでショーも3日のレポートになります。

ヨーロッパのレポートもまだ完全に終っていないのがお恥ずかしいのですが、それはそれで引き続きUPして参りますのでそちらもご覧下頂ければ幸いです。
(さっきオスロ編UPしました。冷や汗

シマちゃん的には今年のLA Auto Showの注目はなんと言っても『2011 ALL New INFINITI QX56』です。
おそらくお披露目となると踏んでいます。

現地にて最新情報をGETし、即日UPしますのでどうぞお楽しみに!
【2009.12.01 Tuesday 02:14】 author : シマちゃん | モーターショー情報 | comments(0) | - | - | - |
東京モーターショー2009で見つけたおもしろビークル!T-REX
こんな車、いや、バイクか?知ってましたか?

オートバイのフロント部分を2人乗りのカート調に改造したようなこの変わった3輪車は『オートトライスィクル』とでも呼ぶんでしょうか?


≪実はこの乗り物、カナダメーカーの商品で、名前は『T-REX』と言うそうな≫


≪前から見るとカエルの様だが後ろから見ると何とも形容しがたい形です≫


≪ドライバーズシートは飾りっ気も無駄なものもなく「操縦に徹するのみ」という感じ、おまけにフロントガラスも無くドアもルーフもありません≫

エンジンはKAWASAKIの1352ccで最高出力は197Hp、乾燥重量が472Kgだそうだからオイルやら水やらガソリン入れて人が乗っても550Kg程度だとすればパワーウエイトレシオは約2.396と2.4Kg/PSを切ってしまう。
GT-Rでもパワーウエイトレシオは約3.6Kg/PS程度、そして話題のTOYOTA LEXUSのモンスタースーパースポーツLFAの2.64Kg/PSをしのぐパワーウエイトレシオって事はもしかしたらLFAの0−100m加速の3.8秒に迫る速さが味わえるかも知れません。

国内販売価格はなんと税込み650万円〜と大人のおもちゃにしてもかなりのおもちゃですね。
面白そうだけどなかなか手が出ませんね・・・

それでも加速度、加速感で勝負するなら3750万のLFAより遥かにお買い得かも知れませんよ。
更に地を這うようなドライビングポジションなので体感速度は半端じゃなさそうですね!!

欲しい方KMGARAGEにご連絡ください。

この車既に今年のインポートカーショーの試乗体験コーナーに出ていて、乗った人はみんな絶叫していました。
シマちゃんも同時にFX50で試乗体験のドライバーをしていたので残念ながら乗せてもらう間がありませんでした。(残念!)


【2009.10.31 Saturday 14:47】 author : シマちゃん | モーターショー情報 | comments(0) | - | - | - |
2009東京モーターショー NISSAN Land Glider Concept
モーターショーの最初の記事に少しご紹介したNISSANの斬新な次世代コミューターEV『Land Glider』
シマちゃんはこのEV車(車と言えるのか?)とても面白い発想だと思うのです。
細身のボディーで狭い道でも楽々スルー出来そうだし、バイクのように雨に濡れる心配も無く快適に移動出来そうですね。

この新発想の乗り物は車とバイクの中間に位置するような気がしますが、皆さんはどう思いますか?


≪スリムなボディーはその幅110cm、タンデム2人乗りでその辺もバイクみたいでしょ?≫


≪4つのタイヤを覆うフェンダーはそれぞれ独立しておりボディーには固定されていません。何故かというと4輪でありながらコナーリング時には最大17度まで車体が傾く構造になっている為、車体に対してそれぞれの車輪が大きく上下動できる構造を持っており、その際にタイヤとフェンダーの隙間を一定に保つためにタイヤとフェンダーが一緒に上下動出来る仕組みとなっている訳です。この構造はこの車が単にコンセプトではなく市販を視野に入れている事を意味していると思います。なぜならコンセプトでありながら「タイヤとフェンダーの隙間に直径10cmのボールが入ってはならない」と言う法規上の問題をわざわざお金を掛けてクリアしているからです。これ市販されたら面白いかも知れませんね、期待が高まります≫

≪走行シーンはこちらからどうぞ≫


≪ボディーサイズは全長3100mm×全幅1100mm×全高1415mm/狭い日本の道でも1車線で2台並んで走れそうですね≫


≪この幅ならガレージに2台入りそうですね、後は価格が気になるところですね≫

≪内装はこちらからどうぞ≫
≪まるでジェット機のコックピットのようですね≫
【2009.10.30 Friday 16:16】 author : シマちゃん | モーターショー情報 | comments(2) | - | - | - |
東京モーターショー2009の一番人気!TOYOTA FT-86
今日も記事は今年のモーターショーの一番人気車『TOYOTA FT-86』です。
コンセプトとは言えLEXUSのようなアルファベットと数字の羅列のネーミングは解りにくいし親しみを持ちにくいですね。
それでもこの『FT-86』の『86』と言うのは『はちじゅうろく』でもなければ『エイティシックス』でもなく『ハチロク』と読むのです。

これは昭和58年(1983年)に販売が開始されたトヨタのカローラレビンとスプリンタートレノに設定された1.6Lツインカムの4A−G型エンジンを積んだスポーツモデルの型式、AE-86から取ったもの。

当時このモデルはライトウエイトのFRスポーツモデルとして大人気車となり、今でもその伝説は現役そのもの。

しかし、その後の若者の車離れが深刻になり、TOYOTAのAE86やNISSANのシルビアS15のFRスポーツも姿を消してしまった。
そして今、エコロジーが注目される中、走る楽しさを若者に思い出して貰おうと開発しているのがこのAE86の再来『FT-86』なのだ。

この車の大きな特賞の一つが、スバルとのコラボレーションで開発されている点だ、その結果エンジンにはスバルのお家芸である水平対向エンジン(フラット4)を搭載するらしいが、エンジンのヘッド部分はトヨタのD4−Sを搭載するとか。
これによりパワートクリーンを両立させる考えだ。

2社のコラボによりトヨタバージョンとスバルバージョンが登場か!?そしてスバルには4WDも有ったりして・・・!?


≪外国人記者にも大人気でなかなかシルエット全体を捉えられない・・・≫


≪シャッターチャンス!若者よ、車乗ろうぜ!!≫


≪やたらと関係者と警備がうろうろしていてリヤビューはこれが限界でした・・・関係者であれば尚更もっと見やすく計らって欲しかったです。ね、トヨタさん≫

【2009.10.28 Wednesday 21:40】 author : シマちゃん | モーターショー情報 | comments(0) | - | - | - |
東京モーターショー2009 LEXUS LFA 紹介!
プレスデイの内にLEXUSブースも見学してきました。
TOYOTAブースと隣り合わせで一体感を持たせてあり、だだっ広い!
そして海外のモーターショーの高級車ブースにありがちな暗〜いブース・・・
「折角展示してるんだからもっと明るくすればいいのに」と思うのはシマちゃんだけでしょうか?


≪ホント、薄暗いと言うよりは真っ暗と言う感じ≫

このLEXUSブースの一番奥の一番薄暗いところに展示されていたのがLEXUSの頂点に立つスポーツモデルである『LFA』だ。


≪出ましたLFA!(ちょっと言いにくい)車両価格3750万程度と言われる世界限定500台のスーパースポーツ!日本国内での販売予定台数は165台だとか・・・しかも完全予約販売!?う〜ん希少価値出そう、でも高くて手が出ん!≫


≪4.8L・V10 エンジン型式1LR-GUE は勿論DOHC 最高出力560馬力のモンスターマシーン 最高速度は330Km/h そんなに急いでどこへ行く?≫


≪直線基調のスパルタンないかにもレーシングカーという感じのスタイル≫


≪まるでリヤにエンジンが載っているかのようなデザインだがそうではなく駆動方式はFRで前後の重量配分は48:52、ボディーはカーボンファイバーで車両重量は1480Kgだとか、軽!こりゃ早い訳だわ≫
【2009.10.27 Tuesday 17:23】 author : シマちゃん | モーターショー情報 | comments(6) | - | - | - |
新型日産FUGA IN 東京モーターショー
今日はやっと少しインフィニティの話題に近づく事が出来そうです。
東京モーターショーで国内での初のお披露目となった『新型日産フーガ』をご紹介します。



グラマラスなボディーラインは最近のINFINITI車に採用されているウエイブの利いた共通のコンセプトに基づいているように思います。

一部には「スカイラインセダン(INFINITI-G)との区別が付かない」との意見も有るようですがシマちゃん的にはそうは思わないんですが・・・
人それぞれの意見が有って当然ですから否定はしません。



でも内装はスカイラインとは一線を画していますね。
こちらはむしろINFINITI-FXのデザインと共通したコンセプトを感じますね。
高級感溢れる本木目パネルとアルミの素材を生かしたコンビネーションデザインはなかなかのものです。
いずれにしても内外装共素晴らしいデザインだと思います。



日産車の内装はトヨタに比べて随分劣っていると言うのが世間の定説でしたし、シマちゃんもそう思っていましたが初代INFINITI-FXを境に、そして昨年1月に北米でデビューしたINFINITI-EXでは内装のデザイン性が圧倒的に向上したと思います。



今ではトヨタの上を行っていると感じているのはシマちゃんだけでしょうか?
特に今回デビューする新型フーガは新型マークXは勿論、現行クラウン・マジェスタと比べてもデザイン性に優れ、高級感に優っていると思うのです。

とりあえず写真をアップしました、是非皆さんも現車でお確かめ下さい!



ドアトリムにも細微に渡りこだわりの造詣が施されていますね、インサイドハンドルの形状にも注目してみてください。
【2009.10.26 Monday 12:06】 author : シマちゃん | モーターショー情報 | comments(2) | - | - | - |
日本テレビさんの『真相報道バンキシャ』でCT&T社のブースが紹介されました!
本日、日本テレビさんの『真相報道バンキシャ』で東京モーターショーのCT&T社ブースが紹介されました。
しかも「外国人記者から見て東京モーターショーで驚いたバンづけ」で1位となったのがCT&T社の200万円を切る電気自動車でした。

実は世界的に見れば似たようなコンセプトの電気自動車メーカーは少なくないのですが、日本ではイタリアのジェラソーレ位しか知られていませんし、その他の車もまだ殆ど販売されていません。

日本の自動車は高性能ですので私たちもつい電気自動車にもつい同じような性能を求めてしましますが、現状でそれを達成するにはまだまだコストがかかりすぎます。
ですので現段階では電気自動車に対してガソリン車と同様の性能は求めるよりも、現状の電気自動車の実力に合わせた使い方をすればいいのです。

このCT&T社の提案するCity-EVというカテゴリーが現在の電気自動車のベスト場使い方なのではないでしょうか?
年に何度か4人乗り以上で遠くに行きたい時にはレンタカーを使うなどのアイデアもありではないでしょうか。

いずれにせよこれから注目が高まる分野の車だと思います。
今後もご注目ください!!
【2009.10.25 Sunday 23:04】 author : シマちゃん | モーターショー情報 | comments(0) | - | - | - |
東京モーターショー2009で韓国製のEV 『E‐ZONE』発表掘TV各局取材殺到!
3日間のプレスデイと特別招待日を経て4日目いよいよ一般公開が始まった東京モーターショー2009ですが、CT&T社のブースも朝から大盛況です。

また、今日までに国内民法TV局様も多数取材にいらっしゃっています。
昨日取材に見えたのが日本テレビさんの『真相報道バンキシャ』で、明日10月25日(日)18:00からの放送です。
本当に放映されるかどうかは番組が放送されてみないと解らないのがTV業界の常識ですが、皆さん是非期待して見てみてください。
ちなみにシマちゃんは出ませんが・・・

そして今日取材に来て下さったのがTBSさんです。
こちらはまだ番組も決まっておらず、放送予定も立っていませんが相当長い時間を掛けて取材して頂いたので是非放送していただきたいものです。
こちらにもシマちゃんは出ませんがどこかに映っているかも知れませんね。


≪TBSさんの取材風景≫


≪ミニスカポリスとはいチーズ!会長、もっと笑ってください!≫

番外ショット

≪「あー疲れたぁ」ってポーズしてもらいました。サボってませんよ!≫

続きを読む >>
【2009.10.24 Saturday 15:39】 author : シマちゃん | モーターショー情報 | comments(0) | - | - | - |
東京モーターショー2009で韓国製のEV 『E‐ZONE』発表供    .錙璽襯疋好拭RAIN登場!
プレスデイ2日目のCT&Tブースはいよいよ公式プレス発表を迎え、E-ZONEのコンセプトを映像で紹介、CEOの挨拶、来賓の紹介、そしてワールドスターRAINの登場で会場が沸きました。
まずは展示車の写真をご覧下さい。


≪東京モーターショー特別塗装車≫


≪セダンタイプ≫


≪カリフォルニア州サンタモニカ警察車両≫


≪バンタイプ三方開き≫


≪バンタイプ郵便局仕様≫


≪コンパニオンの皆さん≫

CT&T晩餐会での様子

≪我らがNAFCAの吉野理事長のご挨拶≫



続きを読む >>
【2009.10.23 Friday 00:50】 author : シマちゃん | モーターショー情報 | comments(4) | - | - | - |
東京モーターショー2009プレスデイ1日目≪速報≫
今日からプレスデイが始まった東京モーターショーの会場に来ています。
東8ホールには日産自動車、三菱自動車などのメーカーが出展しており、今回シマちゃんがお手伝いするCT&Tも同じホールにブースを構えています。

そんな訳で、先程早速日産自動車のブースを見てきました。
ブースは大きいものの2年前のGT-R発表時とは打って変わって若干華やかには欠けた感は否めず、前回のショーの話題をさらったRT-Rの展示にもプレスも殆どスルー状態でした。
GT-Rは今月マイナーチェンジがあるとは言え、外観も装備も変わりは無いので無理もありませんね。

そんな中、日産自動車が2010年に販売を開始するという話題のEV車『リーフ』と、もう1車種2人乗りのコンセプトカーをブースのメインに配置しかなりの注目を集めていました。≪詳細は後にUPします≫




おっと今日はCT&Tの『E-ZONE』をご紹介しなきゃいけませんね。
CT&Tのブースはこんな感じです。≪まだベールに包まれています≫


続く

【2009.10.21 Wednesday 15:34】 author : シマちゃん | モーターショー情報 | comments(0) | - | - | - |
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP