シマちゃんのインフィニティFXブログ

インフィニティFXをこよなく愛し、日々研究し、世の中に広めてインフィニティユーザーを増やし、豊なインフィニティ-ライフを応援してゆく為のブログです。
QX60改善作業〜杉並店〜
こんばんは。ゲンキです。
本日は、QX60の改善作業の様子をお伝え致します。

杉山工場長が昨日まで店内で保管されていたQX60を、裏手の工場へ運び改善作業中を行っておりました。


丁度、再度ウィンカーの取り付けを行っていました。


本日は寒かったですが非常に天気が良かったです。
写真を見る限り11月下旬とは思えませんね。

取り外したバンパーです。

数時間後にはエンブレムの下に綺麗なサイドマーカーを埋め込む口ができていました。

話は変わりまして、日産自動車の「自動運転」に関する記事を発見いたしました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131125-00000093-jij-bus_all

あと数年後には、人間が運転しなくても車が走る・・・
不思議な感じがします!
 
【2013.11.26 Tuesday 18:41】 author : シマちゃん | - | comments(0) | - | - | - |
INFINITI エンジンスターター
こんばんは。ゲンキです。
本日は、インテリジェントキーにあるエンジンスターターについて紹介いたします。
エンジンスターターとは読んで名のごとく、インテリジェントキーの操作でエンジンをかける機能です!


2014y QX80のインテリジェントキーです。




メリットはあらかじめ乗車する前にエンジンを始動させることができ、乗車してからの暖気が必要なくなります!
寒冷地にお住まいの方には特に重宝する機能だと思います。


ケーエムガレージでは、アメリカ現地在庫からも、お客様のご希望にあうお車をお探し致します。
INFINITIに乗りたいなと思ったら、ケーエムガレージへお越し下さい!
カタログはもちろんのこと、日本では手に入らないキーホルダーなどのグッズも多数ご用意いたしております。
http://www.onix-kmg.co.jp/
【2013.11.25 Monday 20:34】 author : シマちゃん | - | comments(0) | - | - | - |
〜オーバーヘッドディスプレイQX60編〜
こんばんは。ゲンキです。
本日は、QX60 オーバーヘッドディスプレイの取付前の状態を紹介します。

こちらが取付前の姿です。


純正の様にしか見えないですね。




実際に取付けた場合、運転席からみたアングルをイメージして撮影してみました。
今後、取付後の写真も撮影し投稿します。

本日、ご来店してくださったお客様で東京モーターショーに行かれた方にお話をお伺いしました。
たくさんの人で溢れかえっていたようですね。
会場内では多くのイベントも行われているようです。

お客様からお話を聞いてさらに行ってみたくなりました。
【2013.11.24 Sunday 19:43】 author : シマちゃん | - | comments(0) | - | - | - |
生産国の違い〜インテリジェントキー〜
こんばんは。ゲンキです。
本日は、インテリジェントキーについてです。

こちらの画像をご覧下さい!


2つのインテリジェントキーがあります。
左側が、2014y QX60  右側が、2013 FX37 です。

QX60はアメリカ生産の車両、FX37は日本生産です。
インテリジェントキー内部の作りが異なっています。
QX60にはエンジンスターターもついているのでより複雑な作りになっていますね。
新たな発見をしました。
二つを比べない限りわからなかったと思います。

ちなみに・・・
インテリジェントキーの電池交換の方法をご存知ですか?
日産のHPに記載がありました。
拝借してURLを掲載致します。
http://www.nissan.co.jp/OPTIONAL-PARTS/N34_1203/LEAF/OM/1203_CONTENTS/ze0-j01-d75a57e6-88a5-4e6d-8630-6cfbe4b7a640.html
また、日産のFACEBOOKには動画もUPされています。
是非そちらもご覧下さい。
【2013.11.23 Saturday 19:11】 author : シマちゃん | - | comments(0) | - | - | - |
東京モーターショー
こんばんは。ゲンキです。
明日から東京モーターショーです。


東京モーターショーの公式HPです。
http://www.tokyo-motorshow.com/

HPを見るだけで、ワクワクします。

画像は日産GT-R NISMOです。
実際にその場で見てみたいですね。

明日行かれた方、是非とも感想を聞かせて下さい。
よろしくお願い致します。


 
【2013.11.22 Friday 20:53】 author : シマちゃん | - | comments(0) | - | - | - |
〜INFINITI QX60 杉並店へ〜
こんばんは。ゲンキです。
本日は、杉並店で納車のため架装中のQX60(2台共ご成約済車両)を紹介いたします。

↓外装色:Black Obsidian

↓外装色:Moonlight White


わかりづらくて恐縮ですが、こちら内装色:Java Leather



こちらは内装色:Wheat Leather


そして、シフトレバーのあるパネルですが、「Kasane Washi」という名称です!
とても美しいです。
アップで撮影いたしました。


皆様の目で見ていただくことで、この美しさを実感していただけるのではないでしょうか。
是非とも杉並店へお越し下さい!




 
【2013.11.21 Thursday 19:23】 author : シマちゃん | - | comments(0) | - | - | - |
240Z 動画配信スタート
こんにちは。ゲンキです。
10月に取材していただいた240Zの動画が配信されています。

皆様、思う存分希少車240Zの映像をお楽しみください!

 
【2013.11.20 Wednesday 16:09】 author : シマちゃん | - | comments(0) | - | - | - |
自動車保険もご相談ください。
こんばんは。ゲンキです。
本日は、自動車保険についてです。
KMGARAGE杉並店では損害保険代理店として、お客様の自動車保険を取り扱っております。
↓ご覧のような自動車保険の相談コーナーがあります。


「保険見積もり提案ができる店づくり」コンテストにも応募させていただきます!
表彰もあり、最優秀賞は賞金5万円です。
ド派手にポスターを貼ってしまうのは、杉並店の雰囲気に合っていなのでポスターは控えめにしました。
思いのほか悩みました。
より良くなるように今後も工夫していこうと思います。

【2013.11.18 Monday 20:04】 author : シマちゃん | - | comments(0) | - | - | - |
エマージ
こんばんは。ゲンキです。
本日は、INFINITIニュースをお伝え致します。
主役は、ガソリン・エンジンと電気モーターを搭載する2シーターのスポーツコンセプトカー「Emerg-E(エマージ)」です。



日産の高級ブランド、インフィニティが2012年のジュネーブ・モーターショーで発表した、ガソリン・エンジンと電気モーターを搭載する2シーターのスポーツコンセプトカー「Emerg-E(エマージ)」。流線型のデザインと美しいスタイルは見事だが、その中身は2010年のジュネーブ・モーターショーで発表されたロータス「エヴォーラ」のハイブリッドコンセプトカー「エヴォーラ414Eハイブリッド」の改良版だ。しかし、その性能には全く問題はなく、このインフィニティのバッジを付けたロータスは最高出力402hp、最大トルク102kgmを発揮し、南カリフォルニアのインフィニティのデザインチームが手掛けた魅力的なカーボンファイバー製のボディの下には軽量の接着アルミシャシーが組み込まれている。

ハイブリッドのパワートレインはシート後部に搭載されており、リアの左右に設置された2個の電気モーターが後輪を駆動させる。モーターにはそれぞれ1速ミッションが組み合わされている(このシステムには、ディファレンシャルギアが不要で、トルクベクタリングを自動制御する)。シート後部にはエヴォーラ414Eハイブリッドのリチウムポリマーではなく、15 kWhのリチウムイオン・バッテリーが搭載されており、バッテリーのみで最大30マイル(48km)の走行が可能だ。バッテリーの残量が少なくなるとロータスが開発したオールアルミニウム製の1.2リッター3気筒エンジン(約50hp)がレンジエクステンダー(航続距離延長装置)として働き、発電。 8.1ガロン(約30リッター)のガソリンタンクが装備されているので、無給油で300マイル(480km)走ることができる。

今回、筆者はインフィニティから南カリフォルニアのオートクロスのコースを軽く回ってみないかとの申し出を受け、それに飛びついた。

所感
車高の低いコックピットに乗り込むのはそれほど難しくはなかったが、この右ハンドルのテストカーはドアシルの幅が広く、乗り越えるのにはちょっとしたコツが必要だった。室内は身長が約188センチある筆者でもスペースにかなり余裕があり、 レース仕様のバケットシートも掛け心地がよかった。バッテリーやエクステリアのデザインがエヴォーラ414Eハイブリッドから新しくなっていることに加え、ユニークなダッシュボード、計器類、シート、ステアリングホイールといったインテリアも一新されている。

駆動をすべて電気でまかなっているにもかかわらず、低速での走りはスムーズだった。クリープはないが、アクセルペダルは適度な重みがあり、パドックでは純粋なEVモードで楽にゆっくり進むことができた。インフィニティによれば、 0-60mphは 4.1秒ということ,だが、筆者がフルスロットルを試したところ、1、2秒ほどそれよりも遅い気がした(バッテリーの残量がなくなりかけていたときだったので、そのせいでパフォーマンスが悪くなっていると、筆者の隣に座っていたインフィニティのエンジニアは話していた)。走行中は2個のモーターの回転音とタイヤが跳ねる砂利の音以外は何も聞こえなかったが、3気筒のエンジンが始動して発電を始めると、心地良い重低音が響くとともにパワーが増幅された。

ブレーキは市販モデルのエヴォーラと同じ4ピストンのモノブロック・キャリパーとドリルドローターを装備しているほか、回生ブレーキを採用しており、高い制動力を発揮した。ペダルはしっかりした感触で制動力の調節もしやすい。アクセル・ペダルを戻したとき、回生ブレーキに特有の強く引き摺られるような違和感は感じなかったのだが、それはおそらく筆者が急速に近づいてくる最初のコーナーに集中しすぎていたためだろう。

最初のコーナリングでは期待したほどのシャープさを感じられず、強いて言えばシボレーの新型「C7コルベット」と同じくらいの切れ味だったが、狭いサーキットを飛ばしたり、コーンを避けたりする操作には何の問題もなかった。重心は驚くほど低く、重量物の多くが後輪のすぐ前に配置されている。スローラムでもアンダーステアをまったく感じず、 ピレリ「P ZERO CORSA」のタイヤはしっかりと地面をつかんでいた。強大なトルクと瞬時のスロットルレスポンスのおかげで、このクーペを古いコンクリートの滑走路で走らせるのは楽しかった。車両重量がもう少し軽い方が筆者の好みだが、パワフルなハイブリッドのパワートレインとシャシーのチューニングは、このままで申し分がないほど素晴らしかった。コンセプトカーには最大の賛辞である。

エマージは感動を与えてくれるクルマだ。少数のプロトタイプが製作されているが、インフィニティがすぐにでも市販化するという計画は今のところない。同車から得た効率的な技術は、インフィニティとしては初となる電気自動車の市販を目的として開発されたもので、エマージはあくまで試験モデルの役割だと考えられる。


【基本情報】
エンジン: 150kW電動モーター(2個)、 1.2リッター3気筒
パワー:最高出力402hp/最大トルク102kgm
トランスミッション: 1速(2個)
0-60mph:4.1秒
最高速:130mph(約209km/h)
駆動方式: 後輪駆動
車体重量:1,598kg
座席数:2
ベース価格: 該当なし


 
本日ご紹介した記事は、こちらから拝借致しました。
http://jp.autoblog.com/2013/11/09/infiniti-emerg-e-concept-quick-spin-review/
今後も、気になる記事を発見見つけたらすぐに皆様ご紹介いたします。
【2013.11.17 Sunday 17:46】 author : シマちゃん | - | comments(0) | - | - | - |
ハッチゲート LED取り付け
こんばんは。ゲンキです。
先日の作業を紹介致します。

INFINITI QX56 ハッチゲートLED取り付けです。
荷物を取り出すときなどに既存の室内灯だけでは暗い、明るさが足りないという方に
是非ともご覧頂きたいです。

実際の取り付け後の写真です。



既存の室内灯との明るさを比較すると一目瞭然ですね。
実際はより明るく見えます。

非常に綺麗ですので、LED取り付けをご検討の際は迷わずケーエムガレージへ!
【2013.11.16 Saturday 19:57】 author : シマちゃん | - | comments(0) | - | - | - |
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP